BETTER BICYCLES

MENU BUTTON

NEWS & TOPICS キャンプライドいってきました

いやーすっかりハマってしまいました。キャンプですよキャンプ。デイキャンプじゃなくて一泊するやつです。
世の中既にキャンプバイブスのピーク過ぎちゃったのかもですけど、やってみると最高に面白い!
キャンプ経験値高めの方から見たらおままごとみたいなキャンプレポですが、最後まで見て頂けたら嬉しゅうございます。

昨年頭ぐらいからベタバイライドでOUTSIDEコーヒーやったり、ODENライドやってみたりとデイキャンプ的な事はやってましたけど、テント張って一泊するの未体験でした(笑)

うちの常連MさんやスタッフYがキャンプのことでキャッキャウフフしてるのを遠目で見るおじさんのままではダメだなと思い、ようやく重い腰を上げて仕事終わりの21時からキャンプに出掛けましたん。急いで準備するもパッキング不慣れなものでスタート遅くなりました。出発前の写真も撮り忘れてます。

目的地は尾道の店から約13kmほど北西にある山の中のキャンプ場。当然キャンプ場に向かう道は真っ暗でございます。暗くて怖いので、キャンプ地で使う予定だったKnogのQUOKKAをオン!ダブルライトで中々明るくなりましたよ。

イノシシに遭遇しそうな道を抜け、キャンプ地に到着!
先に到着していたスタッフYが優雅に焚き火を楽しんでおりました。(照れ屋なので彼の写真はNG)

常連Mさんにお借りしたテントをスタッフYに設営してもらっている中、私はせっせと晩酌の準備を。だってもう23時なんだから。手元をQUOKKAで照らしながらいそいそと料理開始。時間が無いので失敗しようのない「確約されたおいしさ」を求めた結果、オイルサーディンとエリンギのアヒージョを作りビールで乾杯!


お店で売っているTHERMOSの保冷缶ホルダーに缶ごと入れとくとヌルくならないのでエエですね。最近はこれに氷を沢山いれてコーヒー注いで飲むのが好きです。
ミッドナイトブルーの色も最高。明るい場所で見るとこんな色です。

キャンプ地に到着して約2時間、程よく酔いましたし就寝です。スタッフYによると私イビキかいて爆睡してたそうです。

で、翌朝。
ようやく自転車屋ブログに自転車がまともに登場。ダボ穴天国のコスパ最高クロモリツーリングバイクSONOMA ADVENTURE650Bに、フロント&リアキャリアを取り付けテントや寝袋、食材やテーブルなどを積み込んできました。

フロントバッグは最近お取り扱いをはじめたORTLIEB(オルトリーブ)のスポーツローラークラシック(新色ぺトロール)主に食材入れ。

リアバッグはいつもバックパックとして使っているADEPT(アデプト)のアーバナイト。この中にデカい寝袋とかかさばるものを突っ込んでます。

SONOMAのダボ穴を活かして、ミノウラのマルチケージにナルゲン、BETTER BICYCLESボトル2本で飲料水も2ℓ以上キープ。

この水を使ってまずは目覚めのコーヒーを淹れましょう。いつもでしたらハンドドリップするところですが、今回は先日入荷したハイマウントさんのコーヒーメーカーを使ってみます。
シングルバーナーで適量お湯を沸かして、ダイレクトに挽いた豆を入れます。

かわいいポットを眺めながらぼーっと4分待ちます。

そしてコーヒーオイルたっぷり濃いめのコーヒーが出来上がり!

朝のコーヒーにぴったりな濃厚な苦みを、川のせせらぎと共にいただきました。足もとはひんやりしつつ、温かいコーヒーでばっちり目が覚めますね。


足元はここ数ヶ月ずっと履いてる「BETTER RIDE DENIM」結構いい感じに色落ちしてきました。

目が覚めてお腹がすいてきたので朝ごはんを作ります。前から興味深々だったメスティンで作りますよ。
このメスティンも初挑戦なので、やはり失敗したくない男は100%美味しいに決まってるレトルトのボロネーゼを使います。

作り方はYouTubeで何度も見て頭に叩き込んできましたから。パスタを2つにパキッと折ってメスティンに入れ、水適量とソース、ちょっと贅沢に燻製ベーコン入れちゃって、昨晩の残りエリンギも投入。この状態で蓋をして固形燃料に点火!こっから先は火が消えるまでほったらかしです。

火が消えるまで何分待ったか全然見てませんでした。。。暇なので洗い物したり、少し離れた場所でホットサンドをつくるスタッフYのところに行ってみたり。

様子を見に行ったらホットサンドくれました。美味しい!

そうこうしている間に火が消えて、いよいよ緊張の瞬間!いざメスティン開封!

おー!!ちゃんと茹で上がってる!出来てる!

スタッフYが追いチーズくれたので更にコクがマシました。濃厚ウマーでした。

普通に家でレトルトパスタ作るよりも簡単でほったらかしなのにちゃんと出来るの凄い!
メスティンレシピは星の数ほどあるので、これから色々作ってみようと料理に疎い私が思うぐらい簡単でした。

とりあえず目的は達成したのでお昼前に撤収。
今回の積載量は約15Kg、キャリア付きのSONOMAは15Kgなので合計30㎏でした。食材全部食べちゃった後なので、食べ物込だと33㎏ぐらいでしょうか。

持ち上げると電動アシストママチャリよりも重いのですが、平地は25km前後で走れるし、坂道もギア比1(フロント34xリア34)のお陰でスイスイ登れました。
あと、これだけ積載しているのに安定感抜群なのも素晴らしいですね。このバイクがあれば色々遊びの幅が広がります。

尾道に戻って片付けしている間に、早くも次のキャンプライドに行きたくてたまらんくなりました。
行き当たりばったり的な初心者全開のキャンプでしたが、ホントに新鮮で楽しかったですよ。

クルマで行っても楽しいキャンプですが、自転車で行くと移動中も何だか楽しいし、いいエクササイズにもなります。泊まりで行くとお酒もOK。滝汗かいた後のビールは悪魔的なおいしさですよ(笑)

キャンプに興味あるけど、なかなか最初の一歩が踏み出せない方や、バイクパッキングやってみたい方、ぜひベタバイへお越しください。
僕らも初心者なので、一緒にスキル上げていきましょう。
キャンプ達人さんには是非色々ご教示願いたしです。どちらの方もお待ちしております!

BETTER BICYCLES ONOMICHI
広島県尾道市土堂二丁目7−1/0848-38-7820
平日 :11:00〜19:00 ※火曜日定休
土日祝:9:00〜18:00

NEWS & TOPICSその他の記事

レンタルサービス

RENTAL SERVICE尾道観光に最適なレンタルサイクルもご用意。

BETTER BICYCLESではオリジナル自転車のレンタルを行っています。

しまなみ海道のスタート地点のひとつ、尾道渡船のすぐそばにお店がありますので乗ってすぐにサイクリングを楽しめます。

世界に誇る素晴らしいサイクリングコースを、「ちょっといい自転車」で満喫してみませんか。

自転車の購入をご検討されている方も、ぜひレンタルして乗り心地を確かめてみてください。

SINC 2018 SPRING “尾道発。ちょっといい、自転車。”

尾道発。ちょっといい、自転車。

瀬戸内しまなみ海道の玄関口であり、情緒ある風景が残る尾道。

海・山・街中。どこを走っても心地よい。
自転車にとって、こんなに素晴らしいまちはありません。

もっと多くの人たちに、このまちから自転車の素晴らしさを体験してほしい。
このまちが持つ価値を、ここで暮らす人たちと一緒に大切にしていきたい。

そんな思いからBETTER BICYCLESは生まれました。

尾道の風景に馴染む
自分のお気に入りの色を選べる
いつものスタイルで気軽に乗れる
日々の買い物が楽になる
もっと遠くへ行きたくなったらアップグレードも出来る

ちょっとよくばりですが、こんな自転車があったら日々の暮らしが心地よくなり、
愛着をもって大切に乗り続けられる良き相棒となるのではと思っています。

あなたのライフスタイルを変える「ちょっといい自転車」、
新たな自転車文化を尾道から発信します。

INFORMATION ショッピングに関する情報やお問い合わせについて

SHOP 店舗のご案内

BETTER BICYCLES ONOMICHI リアルショップ
BETTER BICYCLES ONOMICHI リアルショップ 店内