BETTER BICYCLES

MENU BUTTON

NEWS & TOPICS Surly Midnight Specialで向島を遊びつくす!

皆さまこんばんは。今週もベタバイブログのお時間となりました。
今回は先日組みあがったサーリーのミッドナイトスペシャル試乗車で、しまなみ海道向島で遊んできました。
人気スポットへの行き方とか、普段は通らないような裏道などご紹介しつつ、とても軽めのインプレなど盛り込んでいきますね。

今回はGoProを装着してライドしましたので、YouTubeにダイジェストをアップしてみました。

今回のライド目的は以下のとおり
・「ロードバイクプラス」と呼ばれるサーリーのミッドナイトスペシャルで、走り慣れた向島を走ったらどんな感じか?
・しまなみ海道サイクリングの裏道は楽しいよってことをお伝えしたい。
・久しぶりにウシオチョコラトルさんでカカオソーダ飲みたい。あとマルゴサイダーも。

結論から申し上げますと。
・今までのロードバイクとは全然違う!あれ、楽しいしラクだし結構速いよミッドナイトスペシャル
・ちょっと荒れたしまなみ裏街道も、このバイクならめちゃめちゃ楽しいやん
・やっぱりカカオソーダとマルゴサイダーは美味しいなぁ(しみじみ)

という感じでがっつり楽しんできました。めちゃくちゃ暑かったですけどね。
ではライドリポートです。道案内もあるし、最後まで見てくれた方に特典もあるのでどうぞよろしくです。

・尾道渡船からスタート

モトクロスさんに残っていたシーズン最後の1本をゲットして組み上げた「Midnight Special」
詳しい情報は公式HPでチェックして頂いたほうが良いですね。私の語彙力では魅力半減なので…
完成車のイメージに近い感じで、SHIMANOのGRXコンポで作りました。トータル280,000円ぐらいです。

それではいつものように尾道渡船からスタート。ベタバイから30秒で乗り場に到着。約5分で向島に上陸です。
向島から見る尾道。いつ見てもいい感じ。


ブルーラインに沿って走ると、前回のブログでも書いたとおり岩子島手前で通行止めになります。
キツイ坂道を登らなければですが、登ってみるとこんな写真が撮れるのです。


工事が終わったら是非ここからライド写真を撮るのがおすすめです。

しばらくブルーラインに沿って走ると、見落としてしまいそうなロケ地への看板が。

ここを右折すると、しまなみ裏街道へ繋がります。結構キツイ坂なのでインナーを使います。
最大ギアは36T(フロント30T)なのでクルクルとペダルが回ります。

しばし登ること数分。目の前には因島大橋がどーんと広がります。

この景色を見たあと、更に進むとこんな感じの荒れた道へ。
段差も多いし落ち葉や枯れ木などが散乱してます。普通のロードバイクだと恐る恐るですが、
ミッドナイトスペシャルは47の極太タイヤなので全然怖くないです。ガンガン行けます。

しばし進んでいくと見慣れた立花海岸が広がります。ブルーラインと一緒にパチリ。

このまま次の目的地、ウシオチョコラトルさんに行きます。
当店でレンタサイクルされる方で、ここに行きたいという方も多いのでルートのご案内を。

ウシオさんは山の中にあるので当然上り坂があります。島の北側からのルートはかなりキツイので、
南側からのルートをおすすめします。

立花食堂さんの前を過ぎて、そのまま東へ進むと写真のT字路にたどり着きます。
ここを左へ。

一瞬斜度のきつい箇所がありますが、ここを過ぎると看板が見えてきます。
ここを右へ。

曲がりくねった道を進めば、写真のようにぱっと景色が広がり、ウシオさんに到着です。

汗だくのおじさんが入るには申し訳ないほど素敵なお店ですが、しっかり汗を拭いてオーダー。
夏はコレ!のカカオソーダと、最高の素材のみで作ったチョコケーキを頂きます。

クセのあるカカオソーダ、好き嫌いあるかもですけど私は大好きです。
チョコケーキも普通とちょっと違う美味しさが最高でした。
エアコンも効いているし、景色もいいし、ずっとここにいたい。。。

嗚呼、いつになったらミッドナイトスペシャルのインプレが始まるのか。と思われた皆さま。
これからですよ。

いよいよ本日のメインイベント、高見山ヒルクライムです。
ウシオさんを出て、更に上っていくとしまなみ屈指の辛い山、高見山があります。

道は荒れてるし、段差は多いし穴ぼこだらけの危険な道。ここをミッドナイトで下るとどうなるのか。
行かないと分かりません。行けばわかるさ。でも辛いんです。。。めっちゃ暑いし。

この看板が見えたら地獄の激坂ゾーンへ。こっから先写真を撮る余裕もありません。
ギア比は軽いのでペダルは回りますが、体力がみるみる削られていきます。頭もフラフラです。


いつもの倍以上の時間がかかり、ようやく登頂。タイムが遅いのはこの子の所為ではありません。
真夏の昼頃にヒルクライムする私が悪いんです。
でもここからの景色はすごいよ。ぜひ一度は見てほしい景色です。

さぁいよいよ高見山ダウンヒルです。
オールロードの真骨頂見せてもらいましょう。

この山をヒルクライムした人ならご存知かと思いますが、山頂付近の道はホントに凸凹で砂利も沢山。
斜度もキツイのでブレーキングとコース取りで神経すり減らします。

しかし、ミッドナイトスペシャルでダウンヒルするとどうでしょう。

・凸凹の道も軽~くいなしてくれる47の太いタイヤ
・ブラケットの上からそっと握れば容易にスピードコントロール出来る油圧ディスク
・クロモリフレームに、剛性の高いヘッドチューブとスルーアクスルで安定感抜群

という感じで、今までで一番安心してダウンヒルを楽しめましたよ。

下山して平地の走りをチェックしてなかったことを思い出し、程よい直線でもがいてみました。
するとどうでしょう。一気に35km/hまで到達し、MAX4〇km出るじゃないですか。
あれ、ゆるくライドする感じがサーリーかと思ってましたけど、このバイクはちょっと違うかも。
ロードバイクとは言い切れないけど、ロードっぽい走り方も出来るかもと思いました。

実際30km/h前後の巡航はカーボンのロード(グレードによりますが)とあまり変わらないような気がします。
このくらいでライド出来たらグループライドで辛い思いもしなくて良さそうです。

とりあえず一通り目的は達成したので、尾道に戻りましょう。もう暑くてヤバイです。
尾道渡船に向かう途中に通る後藤鉱泉所さんでマルゴサイダー飲んでシメます。

ずっと昔からここでサイダーやラムネを作り続けている後藤さん。
スッキリとしててこの時期に飲むのは最高ですよ。テレビでも有名ですね。

そして再び渡船にのり尾道に戻ります。

今日は結構ハードだったなぁと思いつつGPSを見ると、走行距離はたったの24㎞!
でもこれだけ遊べる向島って逆にすごい。
僕らはいいところにいるよな~と改めて思いました。

さて今回のライドレポいかがだったでしょうか。
ミッドナイトスペシャルのインプレなんだか向島のいいところ紹介なんだかよくわかりませんが、このバイクなら道を選ぶことなく自由にしまなみを遊び尽くせるよってことはわかりました。

しまなみのブルーラインだけじゃ勿体ない。ぜひサーリーに乗って裏しまなみに突っ込んでいってください。

 

最後までブログを読んでくださりありがとうございます。
今回ライドに使用したミッドナイトスペシャルは、こっそりレンタル開始します。

まだ情報オープンにしておりませんが、このブログを見て下さった方限定でレンタルスタート致します。

ベタバイのレンタサイクルページにて、ロードバイクを選んで頂き、備考欄に「ミッドナイトスペシャル」と記載下さい。
サーリーのレンタサイクルは世界でも稀かと思います。購入検討中の方、オールロードで遊んでみたい方、ぜひご利用下さいませ。


BETTER BICYCLES ONOMICHI
広島県尾道市土堂二丁目7−1/0848-38-7820
平日 :11:00〜19:00 ※火曜日定休
土日祝:9:00〜18:00

NEWS & TOPICSその他の記事

レンタルサービス

RENTAL SERVICE尾道観光に最適なレンタルサイクルもご用意。

BETTER BICYCLESではオリジナル自転車のレンタルを行っています。

しまなみ海道のスタート地点のひとつ、尾道渡船のすぐそばにお店がありますので乗ってすぐにサイクリングを楽しめます。

世界に誇る素晴らしいサイクリングコースを、「ちょっといい自転車」で満喫してみませんか。

自転車の購入をご検討されている方も、ぜひレンタルして乗り心地を確かめてみてください。

SINC 2018 SPRING “尾道発。ちょっといい、自転車。”

尾道発。ちょっといい、自転車。

瀬戸内しまなみ海道の玄関口であり、情緒ある風景が残る尾道。

海・山・街中。どこを走っても心地よい。
自転車にとって、こんなに素晴らしいまちはありません。

もっと多くの人たちに、このまちから自転車の素晴らしさを体験してほしい。
このまちが持つ価値を、ここで暮らす人たちと一緒に大切にしていきたい。

そんな思いからBETTER BICYCLESは生まれました。

尾道の風景に馴染む
自分のお気に入りの色を選べる
いつものスタイルで気軽に乗れる
日々の買い物が楽になる
もっと遠くへ行きたくなったらアップグレードも出来る

ちょっとよくばりですが、こんな自転車があったら日々の暮らしが心地よくなり、
愛着をもって大切に乗り続けられる良き相棒となるのではと思っています。

あなたのライフスタイルを変える「ちょっといい自転車」、
新たな自転車文化を尾道から発信します。

INFORMATION ショッピングに関する情報やお問い合わせについて

SHOP 店舗のご案内

BETTER BICYCLES ONOMICHI リアルショップ
BETTER BICYCLES ONOMICHI リアルショップ 店内