BETTER BICYCLES

MENU BUTTON

NEWS & TOPICS Long Haul Truckerはイイぞ~!

こんばんは。今週もベタバイブログのお時間がやってきました。

今回はベタバイで取り扱いをはじめたサーリーの試乗車Long Haul Trucker(ロングホールトラッカー)のレビューです。

デイキャンプライドや通勤ライドに使ってみて、私が感じたメリットは以下の3点です。

①いつまでも走り続けていたくなるような優しい乗り心地。
②重たい荷物を載せても、路面が荒れていても安心して走れる。
③かわいい。とにかくかわいい。

正直、こんなに素敵なバイクだとは思ってなかったですよ。少しでも魅力が伝えられたらなぁと思います。

2020年モデルの在庫も残り僅かとなった7月の終わり、メーカーさんに辛うじて残っていた50サイズのブルーフレーム。
たぐいまれなる耐久性に加えて、前後に大型のパニアバッグを装着し、大量の荷物を積んでも安定して走れることから、世界中のアドベンチャーサイクリストに愛用されるロングホールトラッカー。もはやツーリング車の代名詞となっているロングセラーバイクとして有名なバイクです。

様々な完成車見本を参考に、シルバー系のパーツを中心にFAIRWEATHERの26×2.1のムチムチタイヤを合わせてかわいく組んでみました
で、早速ORTLIEBのスポーツローラークラシックやシマノのフロントバッグを装着し、デイキャンプへ。

数多くのサイトで紹介されている通り、低めのBBや長いチェーンステーのお陰か、結構フロントヘビーなはずなのに安定感抜群でスルスルと進んでくれます。平地では23~5㎞/hぐらいでゆったり巡航可能です。私は出来るだけ速度を出したいタイプの自転車乗りですが、このバイクではそんな気持ちになりません。ゆったりと気持ちよく幹線道路を流します。

キャンプ場に向かう途中の坂道も、最小ギア比1以下なので荷物の重さも殆ど感じないままスルッとクリア。どこを走ってもストレスを感じません。

ほどなくキャンプ場へ到着。以前ライトウェイのソノマでやってきた「本郷憩いの森」です。

今回のデイキャンプは初のハンモックに挑戦。テントよりコンパクトで軽量。設営も簡単でイスにもベッドにもなるということで、かなりキャンプライド向きなアイテムです。僅か数分で設営完了。早速寝転がってみました。

わぁ~これイイ!
ゆらゆらと揺れるハンモックに身を任せるとユルユルな気持ちになります。嗚呼、もうこのまま動きたくないなぁ。いや、他にもやることあるし、そろそろ起きなきゃとカラダを起こした瞬間、くるりと回転。
誰もいないキャンプ場でひとり「キン肉バスター」状態になりしばし悶絶。。。

気を取り直して、「ロングホールトラッカーのある素敵な休日」的な写真を撮影。こんな風にチェアとしても使えるのがいいですね。
ソロキャンプもツーリングもLHTなら快適に楽しめます。

そして別日、いつもの通勤ルートをLHTでライドしてみました。しまなみ海道サイクリングロードと違い、交通量も多く砂利や細かい段差が多いルートです。まぁ普通の幹線道路ってこんな感じですよね。普通のロードバイクだと走るたびにストレスが溜まっていきます。しかし!LHTで走るとどうでしょう!全くストレスを感じることなく、いつまでも走っていたくなる極上のリラックスライドが可能に。いつもより3~5分ほど遅かったけど、あっという間に店に到着。まだ全然走っていたいなぁ。。。このまま旅に出ちゃおうかなと思うほど。

途中にあるコンビニに入るとき、歩道の段差って結構怖いですよね。場所によっては3cm以上はあるんじゃないかな。普段通勤で使っているバイクは23~28Cぐらいのタイヤなので、入り方が悪いと本気で危ない。特に雨で濡れている時は転倒確立が10倍ぐらい跳ね上がります。でもこのムチムチタイヤならボヨンと何事も無かったようにクリア可能。

LHTのライドを終えて、Myバイクに乗り換えて帰宅してみたのですが、あまりに乗り心地が違い過ぎてビビりました。
僅かな段差も全部拾っちゃってくれるので終始振動が伝わってきます。うそ、こんなにガタガタ道走ってたの!って。
もう本当にすごいストレス。たった30分の通勤ライドがこんなに苦痛だったのは初めてでした。そりゃカーボンフレームなので軽いし、反応もすこぶるイイのでダッシュも速度も最高。だけど路面が荒れてたら乗り心地は最悪。だから交通量の多い道をライドする時って、なんかイライラしてたんだなぁと(あくまで個人的意見)

というわけですっかりLHTの優しさにどっぷり浸かってしまった私は、普通のロードバイクに乗れない(あんまり乗りたくない)カラダになってしまいました。自他ともに認めるスピード至上主義の私がこんな気持ちになるなんて。。。サーリー恐るべし。
あ、ちなみに私クロモリロードやNJSフレームも所有していたので、スチールバイクの乗り味も分かってたつもりですが、同じスチールでもこんなに違うのかと目から鱗でした。

私の超個人的な感想ですが、「いつまでも乗っていたい」と思う気持ちよさはミッドナイトスペシャルより上、いや全然違う思想のバイクなんだなということが僅か数時間のライドでわかりましたよ。

なのでツーリングバイクに興味がある方、通勤ライドも週末サイクリングもどっちも楽しみたいという方、世界一周ライドしたい方、ロングホールトラッカーはマジでおすすめです。ぜひ乗り心地をベタバイにてご体験下さい。

BETTER BICYCLES ONOMICHI
広島県尾道市土堂二丁目7−1/0848-38-7820
平日 :11:00〜19:00 ※火曜日定休
土日祝:9:00〜18:00

NEWS & TOPICSその他の記事

レンタルサービス

RENTAL SERVICE尾道観光に最適なレンタルサイクルもご用意。

BETTER BICYCLESではオリジナル自転車のレンタルを行っています。

しまなみ海道のスタート地点のひとつ、尾道渡船のすぐそばにお店がありますので乗ってすぐにサイクリングを楽しめます。

世界に誇る素晴らしいサイクリングコースを、「ちょっといい自転車」で満喫してみませんか。

自転車の購入をご検討されている方も、ぜひレンタルして乗り心地を確かめてみてください。

SINC 2018 SPRING “尾道発。ちょっといい、自転車。”

尾道発。ちょっといい、自転車。

瀬戸内しまなみ海道の玄関口であり、情緒ある風景が残る尾道。

海・山・街中。どこを走っても心地よい。
自転車にとって、こんなに素晴らしいまちはありません。

もっと多くの人たちに、このまちから自転車の素晴らしさを体験してほしい。
このまちが持つ価値を、ここで暮らす人たちと一緒に大切にしていきたい。

そんな思いからBETTER BICYCLESは生まれました。

尾道の風景に馴染む
自分のお気に入りの色を選べる
いつものスタイルで気軽に乗れる
日々の買い物が楽になる
もっと遠くへ行きたくなったらアップグレードも出来る

ちょっとよくばりですが、こんな自転車があったら日々の暮らしが心地よくなり、
愛着をもって大切に乗り続けられる良き相棒となるのではと思っています。

あなたのライフスタイルを変える「ちょっといい自転車」、
新たな自転車文化を尾道から発信します。

INFORMATION ショッピングに関する情報やお問い合わせについて

SHOP 店舗のご案内

BETTER BICYCLES ONOMICHI リアルショップ
BETTER BICYCLES ONOMICHI リアルショップ 店内