BETTER BICYCLES

MENU BUTTON

NEWS & TOPICS 7/28小豆島ライド

こんにちは。今回のブログは店長の休日ライドレポです!
普段は自転車屋のおじさんとしてパンク修理とかやってますけど、私もれっきとしたサイクリストの端くれでございますから。雨の降っていない定休日はおおむねライドに出掛けます。今回はとある用事があり訪れた小豆島をFAIRWEATHER CXでライドしてきました。

スタートは前日のお宿オーキドホテル内にある「サイクルステーション」からスタートします。
こちらは朝8時ぐらいから空いていて、いつでも自由に利用できるフリースペースです。シャワーや温泉は有料ですがライド後に汗を流せるのは最高ですね。


タイヤやチューブ、ボトルも販売されているし、メンテナンス工具もそろってました。何か困ったらココに行けば何とかなるかも。

それではいよいよスタート。事前に自転車仲間やスタッフYにヒアリングしていたおすすめルートをトレースしつつ、良い写真を沢山撮りたいと思います。
ちなみに私はあまりグルメじゃないのでお食事系の情報皆無です。すみません。。。

まずは小豆島の玄関口、土庄港付近から北西へ向かいます。島ライドはやっぱり時計回りが個人的におすすめです。海岸線を走るときは海がすぐそばにありますから。
お店やホテル、住宅地を抜け20分程度でのどかな風景が広がってきました。

この写真はフラットな区間ですが、基本的にアップダウン多めで因島の水軍ラインに似てるな~と思いつつライド。
目的地はいきなり小豆島のメインディッシュ、寒霞渓を目指します。ウワサでは寒霞渓への西側ルートはとてもキツイという情報が。ちなみに私ヒルクライム苦手&嫌です。というかもう登り始めてる?気が付いたらいよいよ10㎞に及ぶヒルクライムが始まりましたよ。


寒霞渓スカイラインの美しい風景を堪能できたのもここまで。この先にある「銚子渓おさるの国」から先に地獄が待っておりました。。。

GPSの斜度表示は常に17%前後。日差しは弱いのですが湿度が高く、今年一番の滝汗を流しつつ必死で登ります。何度も「撮影の為に休憩しようよ」という悪魔のささやきに負けそうになりましたが、この手の激坂で休んでしまうとリスタートが非常に難しいことを知っておりますので、少し蛇行しつつ必死でペダルを踏みました。
もう前を見れない。。。FAIRWEATERのフレームバッグしか目に入りません(笑)フレームバッグが汚れてるなぁ、帰ったら洗ってあげようとか思ってたら、「四方指展望台」の看板が!ここは写真撮るとこだ!というわけでここで休憩!


ふらふらになりながらも、眼下に広がる絶景とFAIRWEATHER CXをパチリ。ホントはバイクを立てて撮影したかったのですが、風が強くて断念。休憩も出来たし寒霞渓の山頂を目指します。ちなみに山頂までは尾根ルートなのでラクチンでした。


山頂につく頃にはちょうど晴れ間もでて、先ほどの展望台よりもクリアな景色が広がります。


ぼっちソロライドで回りに誰もいないので、セルフタイマーで自撮りしてみました。最近のライドはだいたいこのスタイル。バナナジャージにBETTER RIDE DENIMです。
このデニムはストレッチ性が素晴らしくて楽ですよ。正直夏は暑いのですが、ペダリングの妨げになることはないでしょう。形も崩れないし自転車乗りにはホントにおすすめです。あと、サイクルキャップはCINELLIのCMWC2019ジャカルタCAP。ポリエステルなのですぐ乾くのが最高。柄もナイス。


寒霞渓の絶景を堪能したあとは、お待ちかねのダウンヒル。約10㎞という尾道近辺では中々体験できないロングなダウンヒルを思いっきり楽しみます。32Cのグラベルキングのおかげでコーナーも安心。個人的にはカーボンフレームよりクロモリのほうが下りの段差なども優しくいなしてくれるような気がします。あ、楽しすぎて写真ほとんど撮ってません。


あまりに楽しかったので東側ルートからもう一回登ってしまいました。こっちのほうが少し楽だったかな。そろそろ他のスポットにも行かねばなので、寒霞渓から離れます。


次に向かったのはSNS映えスポットで有名な「道の駅・小豆島オリーブ公園」。ホウキを借りてギリシャ風車の傍で写真撮影する若者たちが沢山!そこに汗だくのおじさんが行ってはいけないと思いつつ、撮影強行。ここはグループライドで訪れたいですね。一人ではちょっとキツイ。。。


さ、次のスポットに行こうかな~というところで雨がポツポツと。急ぎめで国道436号を西へ向かいます。このルートってきっとサイクリングコースなんでしょうけど、ちょっとクルマの交通量が多いのと、アップダウンありなのでビギナーさんには厳しそうだなと思いました。自転車走行可な広い歩道もあるのですが、途中で途切れてしまうので、困っちゃう人も多いのかなと。雨降ってたから余計にそんなこと考えてしまったかもです。


で、最後の目的地「エンジェルロード」でパチリ。あいにく天気が悪かったので暗めの写真になってしまいました。晴れてたらものすごく綺麗なとこだろうなと。砂州の道が出てるときにまた来たいですね。

雨が降ってきちゃったので、最後は駆け足になってしまいましたが100㎞をライドして無事ゴール!

小豆島は思った以上にハードなライドとなりました。寒霞渓を除いても、島の外周はアップダウンが多いのでかなり脚削られます。しまなみブルーラインのやさしさ再発見ですよ。。。でも見どころも多いし観光ライドは電動アシストなら楽しめそうですね。グルメやロケ地巡りも楽しめそう。次回はマメイチ完全制覇にチャレンジです。

最後に、私がライドしたルートはこんな感じです。小豆島ライドのご参考になれば幸いです。セグメントタイムは参考になりませんよ。

NEWS & TOPICSその他の記事

レンタルサービス

RENTAL SERVICE尾道観光に最適なレンタルサイクルもご用意。

BETTER BICYCLESではオリジナル自転車のレンタルを行っています。

しまなみ海道のスタート地点のひとつ、尾道渡船のすぐそばにお店がありますので乗ってすぐにサイクリングを楽しめます。

世界に誇る素晴らしいサイクリングコースを、「ちょっといい自転車」で満喫してみませんか。

自転車の購入をご検討されている方も、ぜひレンタルして乗り心地を確かめてみてください。

SINC 2018 SPRING “尾道発。ちょっといい、自転車。”

尾道発。ちょっといい、自転車。

瀬戸内しまなみ海道の玄関口であり、情緒ある風景が残る尾道。

海・山・街中。どこを走っても心地よい。
自転車にとって、こんなに素晴らしいまちはありません。

もっと多くの人たちに、このまちから自転車の素晴らしさを体験してほしい。
このまちが持つ価値を、ここで暮らす人たちと一緒に大切にしていきたい。

そんな思いからBETTER BICYCLESは生まれました。

尾道の風景に馴染む
自分のお気に入りの色を選べる
いつものスタイルで気軽に乗れる
日々の買い物が楽になる
もっと遠くへ行きたくなったらアップグレードも出来る

ちょっとよくばりですが、こんな自転車があったら日々の暮らしが心地よくなり、
愛着をもって大切に乗り続けられる良き相棒となるのではと思っています。

あなたのライフスタイルを変える「ちょっといい自転車」、
新たな自転車文化を尾道から発信します。

INFORMATION ショッピングに関する情報やお問い合わせについて

SHOP 店舗のご案内

BETTER BICYCLES ONOMICHI リアルショップ
BETTER BICYCLES ONOMICHI リアルショップ 店内